2016年12月10日

【タイラバとひとつテンヤとジギング講習】






【タイラバとひとつテンヤとジギング講習】

私は現在海の上。

DSCN7651.jpg

原発沖の海洋調査をしている「うみラボ」さんの調査に参加させてもらい、釣獲調査を行っている。

前半の記事(前半)では念願のヒラメを5枚釣り上げる事に成功・・・

DSCN7702.jpg

これも日ごろからアドバイザーのミスターや、富原先生の教えを受けている成果である。


さて、しかし今回私にはこのまま終われない興味深い釣りがある。


前回うみラボに参加させていただいた際に、ジギングを教えてくれたアクアマリンの吉田さん。

DSCN7669.jpg

前半は富原先生にべったりとくっつき釣りを教えてもらっていたが、今回彼と話していると、気になる事を言っていた。


マチャ「吉田さんは今回何釣りをする予定ですか? やっぱり泳がせ?」
吉田さん「いや、まずはタイラバ、そしてひとつテンヤ、あとはジギングでしょう!」

・・・タイラバ・・・ひとつテンヤ?


イメージは着く。見た事もある(TVで)・・・が、やったことないな〜(^_^;)


吉田さん「同じ鯛をターゲットにしていても、ルアーマンはやはりタイラバ、エサ釣り師はひとつテンヤに行く傾向があるよね!僕はどっちもやるけどね♪」


・・・器用というか変幻自在というか・・・とにかく興味深々である。


そんなわけで、私は今後の釣り幅をさらに拡げる為に彼に密着して見学する事にした。


吉田さんの元へ行くと、すでにタイラバをやっていた。

DSCN7652.jpg

タイラバとはこれ・・・

DSCN7682.jpg

普段はワームをつけず、このピラピラだけで誘うのだと・・・

これで狙う魚の主役は鯛。

DSCN7695.jpg
(これはだいぶ小さいが・・・)

鯛ラバージグ→タイラバ?

こんなもので釣れてしまうのですね・・・



釣り方は底まで落とし、後は巻き続けるのだと・・・


本当ですか?


・・・が、しかしかなり渋い状況。


船全体でアタリが本当に少なく、釣れている人が本当に少ない。


この状況でルアーとなると・・・かなり厳しい・・・


今日は空振りだろうな・・・


内心そう思っていた。


しかし、その中でのヒット!



竿先が勢いよく海面に向かって突き刺さる!


ぐりぐり巻き上げた先には・・・


クロソイ!

DSCN7655.jpg

本命マダイではなかったが、本当に釣れた・・・


すげぇ・・・


そして、次は一つテンヤを見せてくれた。


これも鯛を狙う為の代表的な仕掛け。


ジグヘッドに紐付きのハリが付いたような物。

DSCN7680.jpg

これにエビを付け、海底に落とし、しゃくり上げてフォールで食わすのだという!


理にかなっている・・・

DSCN7694.jpg

そして、少しして・・・


ヒット!

DSCN7671.jpg

釣れた魚は・・・


アイナメ!!

DSCN7672.jpg

金色のアイナメ!

婚姻色 アイナメ.jpg

この季節は婚姻色と呼ぶべき金色だろうか!?

この金色のアイナメについても以前、吉田さんから面白い仮説をいただいたが、その話には今は触れずに行こう。

気になった人はこちら→「ナガレアイナメと呼ばれるアイナメの謎」にて


いや〜、タイラバに続き、ひとつテンヤでもちゃくちゃくと釣獲していく吉田さん。


私も見ていたら釣りをしたくなってきたので、ちゃっかりとジギングロッドを彼から借りてジギングをすることに!


今回は100gのメタルジグ!キャスティングオリジナルの「アニキジグ」を準備してきたのです!



価格はなんと600円程度!激安!


これで釣れるなら非常に助かるさ!


船ジギングは前回のうみラボを含め二度目だが、用量はなんとなく掴んでいる!


そして、底まで落とし・・・しゃくる

DSCN7688.jpg

落として・・・しゃくるを繰り返す!


すると、ゴツン!


げ・・・根がかりしちゃった!?


ゴゴゴゴゴ!


いや、魚だ!


ヒット!


ヒットしましたよ〜!!!(どや顔)

DSCN7687.jpg

そして本日5目めとなるマゾイ(キツネメバル)をゲット!

DSCN7691.jpg

アニキジグ入魂!ありがとう〜!

DSCN7692.jpg

ジギングを教えてくれた吉田さんにも感謝です!


こうして釣獲調査の時間は終了。


次回はタイラバ、ひとつテンヤも機会があれば教えてもらいたいと思います!


帰りの船の上でちょっと気になったので、いつものごとく吉田さんに質問してみた。

マチャ「ところで、吉田さん?今回は、一つテンヤやタイラバをやっている人が多いように思えましたが、みんなマダイを狙っていたんですよね? それにしてはマダイに関して言えば貧果だったように思えますが?」

吉田さん「ん〜、ここ最近急激に水温が下がった事も原因でしょうね? 時期が遅かったと思うしかないでしょう! アイナメも今回は全然釣れてなかったのも、産卵の為に接岸しているからなんでしょうね?」


なるほど、つまりこれからの陸っぱりではアイナメシーズン到来と考えてよいわけだ!


12月にはいり、徐々に寒くなってくる季節だが、良型のアイナメが接岸してくるシーズン!大物のアイナメを釣りやすい季節なので、チャンスを逃さず釣り上げたいものです!


そんなわけで、帰港。

DSCN7707.jpg

今回の釣獲調査に参加させてもらい、ヒラメを筆頭に5目の魚を釣る事ができ、個人的に非常に楽しくまた物凄く刺激をうけた釣行となった。


船釣りは、陸っぱりとは別世界。

まだ船の経験がないかたは、絶対に一度は経験して見る事を強く勧めます!


今回の調査の主催者「うみラボ」さん、釣り船「長栄丸」さん、「アクアマリンふくしま」の方達には、本当に貴重な体験をさせてもらった事を、心からお礼を申し上げます。


2016.12.04
場所 :福島原発沖
時間 :11:00〜13:00
天気 :晴れ
風  :なし
ルアー:アニキジグ100g
釣果 :マゾイ1匹

協力 :いわき海洋調べ隊「うみラボ」
    釣船 長栄丸
    アクアマリンふくしま

【関連】
原発沖海洋調査「うみラボ」に参加してきた!

ナガレアイナメと呼ばれるアイナメの謎
アイナメは産卵期になると黄色い婚姻色になる・・・しかし、アイナメの産卵期は冬なのに真夏でも黄金に輝くナガレアイナメと呼ばれるアイナメが存在する・・・
このナガレアイナメの真相は↓
ナガレアイナメと呼ばれるアイナメの謎
ab9a14a7e920cb5145b262602f00515e.png

posted by 釣りキチ・マチャ at 00:00| 船釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。