2016年11月10日

【小名浜でマトウダイが釣れる!?】






【小名浜でマトウダイが釣れる!?】


それは私が退屈していた土曜日の午後。

一通のメールが届いた。

それは私のアドバイザーのミスターからのメールであった。

ミスター.png
【ミスター】

ミスター「今からマトウダイ釣りするけどどうだい?」


・・・・え?


マトウダイ・・・?


何やら先日小名浜港で、エサ釣りの師匠「富原先生」がマトウダイを釣ったという。

fGDZmkKj.jpg

ミスターもその現場にいたらしく、ミスターもハリ掛かりしたのだがバラしてしまったというではないか。


そして、私はそのメールを貰い現場に行ったのだが、くしくもその日マトウダイは姿を現さなかった。

ミスター.png

そして後日、ミスターからメールが届いた・・・


マトウダイを釣り上げた画像とともに・・・

無題.png

すげぇ・・・


そして、昨日・・・


ミスターと富原先生がまたマトウダイを釣るというので、私は仕事終わりに駆け付けた!



二人は泳がせ釣りを片手間にやりつつ、サビキ釣りを楽しんでいた。

ミスター 富原先生.png
【手前:ミスター 奥:富原先生】

DSCN7172.jpg
【泳がせ仕掛け】

ちなみに泳がせ釣りで使う仕掛けはこのようなもの!(イメージ)



私は、マトウダイを釣った時の様子を根ほり葉ほり聞きまくる。
「富原先生!マトウダイ!おめでとうございます!」

富原先生「え?あ〜マトウダイ?2匹釣ったし、もうめでたくもなんともないよ」



え・・・2匹?


聞いてないぞ・・・?


そしてミスターが1匹釣り上げている・・・


マトウダイってそんな釣れるの?


マチャ「富原先生・・・?マトウダイってそんな釣れましたっけ?聞いたことないですが?」

富原先生「あれ?今、マトウダイダービーの途中じゃなかった?」

マチャ「そんな珍魚ダービーお二方しか釣れませんよ・・・」


そして、私は二人の様子をまじまじと観察し、仕掛けの作り方やコマセの作り方等を勉強中だ。

DSCN7187.jpg

富原先生は相変わらず釣れている。


サバ・・・

DSCN7193.jpg

アジ…

DSCN7192.jpg

ミスターにいたっては、サバはもちろん、なんとサビキ釣りでウマズラハギを釣り上げる・・・

ミスター サバ.png

ミスター ウマズラハギ.png

ウマズラハギ・・・釣ったことない・・・

DSCN7185.jpg



なんかすげぇ・・・しか言葉がない・・・

DSCN7205.jpg

そんな時、富原先生が泳がせ釣りをしていたロッドに魚信!


富原先生「お、アタリだ!」


・・・マジ?


どんどん出されるライン。

bandicam 2016-11-10 07-31-03-756.jpg

明らかに魚がくわえて持って行ったのがわかるほどだ。


そして、慎重な聞きアワセでもって・・・


ヒット!

bandicam 2016-11-10 07-31-25-105.jpg

ジーーーーー!!!と鳴り響くドラグ音!


マジで!?


マトウダイ釣れちゃうの!????


そんな珍魚、この二人だと釣れちゃうの!?!??!


ぐいぐいと引き寄せる最中、必死で抵抗する魚・・・


もう少し・・・


しかし、くしくもここでフックアウト!


富原先生「あれ?あれで外れちゃうのか〜」と平常心でいるが、私は凄い光景に「半端じゃねぇ・・・」と唖然です。

引き上げられたエサのアジは、姿そっくりそのまま残っており、マトウダイが掛った事を証明していた。


私はこの日竿を出していなかったが、ある意味竿を出さなくてよかった。


それは、竿を出していたら自分の竿先にだけ意識が向いてしまい、もっと学ぶべき多くの事が目に入らなかったと思うのだ。


マチャ「富原先生・・・マトウダイって今までもこんなに釣れるって事があったんですか?」
富原先生「ん〜、震災後からだね。 その前までは10年で1匹しか釣ってないけど、震災後は毎年確認してるね。」

震災の影響で何があったかは私にはわからないが、そういった天変地異により魚にも影響が出ているのかもしれない。


私は、二人と別れたあと、非常に強い刺激を受け、次の釣りへの熱意に満ちて帰るのだった!


小名浜港でマトウダイ・・・釣れる様です!是非お試しください!

無題.png



posted by 釣りキチ・マチャ at 10:21| 怪魚・珍魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。