2016年08月01日

【藤原川の消える魚の謎(遭遇編)】






【藤原川の消える魚の謎(未解決)】

おっしゃ来た〜!!

デカいぞ!!

もう少し・・・・


もう少し・・・


・・・・スッ・・・


あぁ!!!! ・・・またか。


これで何度目だ・・・


いったい何が起きているんだ。


何が掛かっていたというのだ・・・


なぜ消えるんだ・・・


::::::::::::::::::::::::::::::::::::


あ〜・・・やっと金曜の仕事も終わったわ〜・・・

完全に夏バテで頭もボーっとするし、身体が怠い・・・

しかし、どこかで釣りはしようかな〜と思い、藤原川の河口に足を運んだ。

DSCN4840.jpg

前回の釣行で、ミスターがコモンカスベを釣ったのに刺激を受け、私も釣ってみたい衝動にもなるし、コモンカスベでなくてもマゴチやらエイなんか久々に釣りたいと思ってのことだ。

ミスター.png
【ミスター:コモンカスベ】

しかし本当の目的は、以前から得体のしれない何かが掛っては水面で消えたようにハリから外れるという現象が何度も起きている。それは確実に魚のような引きがあるのだが、かならず水面でバレてしまい、エサは全てとられているわけではない・・・

この不思議な魚を釣り上げたいのだ。

しかし、その魚は明るいうちには姿を現さず、八時以降に現れる気がしている。


今日こそその魚を釣ってやろう・・・そう思っている。


エサはイワシ。

DSCN4839.jpg

ブッコミでアタリを待つ。

DSCN4844.jpg

いつになく静かな夜だ。



夏なのに風が肌寒く、まわりに釣り人がいない。


めずらしい・・・


しかし、得てしてこんな時に怪物とは現れるものなのかもしれない・・・


七時から開始して、八時まで何もアタリもなく今日はダメなのかと思い始めたころだった。



風に揺られて動く竿先が、一気に海に向かってしなり始めた!


DSCN4845.jpg

きた!


急いでラインを送った。


中通しオモリ仕掛けという得意な仕掛けだ・・・私も本気の狩りだ。



送ったラインも持っていかれ、竿がまた撓る・・・


もう一度送る。


持っていかれた!


もうイワシを飲み込んだろう!



意を決して竿をガツン!!!と振り上げた!


DSCN4841.jpg

グーーーーーーーーーーーグングン!


グングングーーーーーーーーーーーーーー


乗ったぞ〜!!!!!!!!!!!!!!!!!


おっしゃ来た〜!!

デカいぞ!!


もう少し・・・・


もう少し・・・


・・・・スッ・・・


あ!!・・・またか。


これで何度目だ・・・


いったい何が起きているんだ。


何が掛かっていたというのだ・・・


なぜ消えるんだ・・・



またしても得体のしれない消える魚は海面付近でフッと消えた。


エサのイワシは残っていた。


カニではない・・・魚の引きだ・・・たぶん。



もう一度チャレンジした・・・・


すると、また竿がしなり始めた!


ラインを丁寧に送り、送り、送る!



そして、グン!

DSCN4842.jpg


ガツンと乗った感触!


っしゃ来た〜!!!!



グングン!グングン!


ちがーーーーーーーーーーーーーーーーーーーう!!!


もう引きでわかる!



お前じゃない!


今日はお前は狙ってない!!!!


そしてそのお呼びでない魚が・・・


へへ・・・来たぜ・・・ぬるりと。




釣れたのは・・・・


アナゴ!

DSCN4830.jpg


60センチジャスト!


DSCN4836.jpg

小物!リリース!



そして、もう一度海に仕掛けを投入するも・・・



へへ・・・来たぜ・・・ぬるりと・・・



まさかの2匹目・・・

DSCN4843.jpg

さっきよりデカいけど、サイズなんてどうでもいい!リリース!



結局その後、消える魚が姿を現す事はなかった。


私の挑戦はまだしばらく続きそうである。


2016.07.29
場所 :いわき市 藤原川河口
時間 :19:00〜21:00
天気 :晴れ
風  :弱
エサ :イワシ
仕掛け:中通しオモリ ブッコミ
釣果 :アナゴ2匹


【関連】


posted by 釣りキチ・マチャ at 07:43| 釣り場で起きた珍事件 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド