2016年05月19日

【思い出の魚を魚拓にする】

CZm_ew7WkAAaPw_.jpg

【思い出の魚を魚拓にする】

釣り人であれば、思いもよらず釣れた貴重な魚、狙い続けた末にようやく釣れた魚、手足が震え感動に浸ったという経験はきっとあるはず。

そんな時に、釣った魚をついつい写真に残したくなるものだ。

しかし、写真はその感動さえも、とても小さな物に変換してしまう。

パソコンに映るその魚を見ても「本当の」あの感動は戻って来ないのだ。

そこで、私は魚拓を作る事にしたのだが、ニジマスやヤマメなど食べる魚は良しとして、食べない魚は魚拓の為に殺さなければならないという事に気付いた。

あれだけ感動を与えてくれた魚を殺さなければならない・・・

私にはそれは出来なかった。

きっと多くのアングラーがそう思っているに違いない。

そんなわけで、渋々と魚の画像をデータとして保存していたが、私にとって朗報が舞い込んだ。

写真データがあれば、それだけで魚拓にできるという!

時代は変わった・・・

魚拓もデジタルで作成する時代!

しかも、さすがにデジタルだけあってバリュエーションも豊富!

作成内容が黒墨仕上げはもちろん、カラー仕上げ、リアル仕上げと選べるという。

kakou.jpg

ただサイズだけ残したいなら墨仕上げでよいが、魚体が美しい魚は墨仕上げよりリアルが良い!

ブログ用ヒメマス魚拓.png


ちなみに、画像を加工してくれる為、地面に置いた写真でなくても魚拓が作れたり・・・

修正21.jpg

ヒレが閉じてしまった画像でもヒレが開いたようにも注文すれば加工してくれる。

修正13.jpg

ヒットルアー等の写真があれば、それも添えてくれる!


痒いところに手が届くとはこの事であろう!


そして、当然のごとく「原寸大」!

魚拓はこれがもっとも重要!

そして、私はすぐに飛びついた!

50pのアイナメ!

アイナメ 50p.jpg

一升瓶と呼ばれるそのサイズのアイナメを魚拓にしてもらった・・・

そして、数日後・・・

zO8Bw1Gl.jpg

魚拓が送られてきて驚いた・・・

こんなにデカかったんだ・・・

サイズを測ればぴったり50p! 間違いない!


その瞬間である。


あの時の感動が再びよみがえった・・・

足が震え腰が抜けたあの時のあの感動。


いつまでもそばに置いておきたかった本音。


その好敵手が今、私の手元に戻ってきたのだ!

そして、魚拓の他に、魚拓のデータが入ったCDと、この魚のサイズがちゃんと表示してあるサイズであったという証明書も添付されてきた。

さらにお手紙が付いており、その心温まる文に胸を打たれた・・・
そして、安い・・・


私はそれからデジタル魚拓を推奨している!

私がお世話になったお店は「studio bell&joy」さん!
CZm_ew7WkAAaPw_.jpg
ツイッターアカウント→魚拓屋さん@bell&joy

心優しいオーナーが親切に対応してくれます!

驚いた魚拓はこれ・・・

CiqOS-WU4AAuWmd.jpg

凄い・・・

写真では思い出せなくなる感動・・・

私は今後も出会うであろう好敵手と一緒にいたいから、魚拓という形に残すと決めた。


みなさんにもきっと思い入れのある魚がいるはず。


画像データがあるなら、魚拓を作ってみる事をおススメします!
釣ったその時の感動がきっと戻ってくることでしょう!



デジタル魚拓作成ショップ studio bell&joy
CZm_ew7WkAAaPw_.jpg



ちなみにbell&joyさんでは、魚拓作成の他にも色んなグッツが販売されています!

Tシャツに、オリジナルルアー、ブローチにストラップ!

釣りTシャツ!私も買っちゃいました!

DSCN3176.JPG

釣りTシャツ販売ページ↓↓↓
http://gyotaku.net/original.html



釣り人である以上、魚の事を考えるのは当然。

しかし、魚拓にするなら殺すしかなかった・・・

でももうそんな事しなくてもいい!

悔しい思いもしなくていい!

でもデジタル魚拓なら全て解決する・・・

そして、その思い出はずっと色あせる事なく私の部屋で輝き続けるのです!!


gyotaku ainame.png


posted by 釣りキチ・マチャ at 10:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。