2016年08月29日

【仲間達は「桧原湖」へ】






【仲間達は「桧原湖」へ】


エレン「マチャさん、ハゼって季節いつです?」
マチャ「ん〜、大型になるのはやっぱり秋のイメージだよ?」

エレン「ちなみに、いわきに行けるとすると日曜なんですけど」
マチャ「ごめん・・・俺日曜は、ダメなんだ・・・ぐっさんなら来てくれるはずだよ?」

エレン「じゃあ、ぐっさんに連絡してみます♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

は〜・・・

日曜日に引っ越した家の売買契約をする予定があるのだが、そもそもがおかしいだろ!
売買契約をして、支払して登記して、引っ越しだろ!

それがぐちゃぐちゃになったのは、弱小不動産会社のアホが売主の情報をきちんと聞かずに、取引が難航・・・4月に契約する予定が、今だ。

みなさん・・・くれぐれも不動産屋は選んだ方が良い! 私にコンタクトがとれる方なら、私に聞いてください。良い不動産会社、悪い不動産会社・・・教えます。


そんなわけで、気分がすぐれず土曜の午後も、日曜も釣りに行けない状況の中、仲間達は桧原湖に足を運んだようだ!

詳しい記事はこちらから→【檜原湖スモール戦線

WZkFdg5D.jpg-large
【ぐっさん 初檜原湖】

どうやら、エレンの粋な計らいで、まだスモールを釣った事がない「ぐっさん」にスモールを釣らせよう!って事らしい!

MhgUlTpV.jpg-large
【手前:エレン 奥:ぐっさん】

羨ましい・・・

そして、ぐっさんは小さいが釣り上げたらしい!

N0674Xzj.jpg-large

さぞ嬉しかったことでしょう!


しかし、その後エレンが良型をキャッチ!

_5Ij4Dve.jpg-large


lScZ-6FW.jpg-large
こ、これがスモールマウスバスか・・・

俺が釣ったのはいったい・・・って表情ですねw


eAjN-q8V.jpg-large

ehugwBl2.jpg-large

Sm3TX_JH.jpg-large

どうしても、カメラを握るエレンの写真は少なくなるね(笑)

その後、湖をランガンして周り

thL_d36a.jpg-large

jgDn3oHx.jpg-large


二人とも一匹ずつ追加して終了!

私は変な不動産屋のせいでストレスが溢れ出る程ひどい状況でしたが、送られてきた写真を見て少しだけ心を癒すのでした。

裏磐梯は、九月になるともう寒くなりますので、一枚多めに羽織って釣りに行きましょう!

それと、今年は全国各地で熊の被害が続出しています!

熊対策に唐辛子スプレーくらいは必ず持っていきましょう!

PvC0UgLH.jpg-large

皆さん!熊の出没には気をつけて!!



余談
【熊よけの鈴の効果】

これは、私が聞いた渓流ガイドの先生と対談した時の話だ。

マチャ「K先生、北海道なんかに良く行かれますが、あっちはヒグマじゃないですか? 鈴付ければ逃げていくもんですか?」

K先生 「全然! 昔はマタギの存在があったから、熊が人を恐れていたけど、今の時代は熊にとって人間は美味しいコンビニ弁当が入った袋をぶら下げているだけの存在だ。 本州はツキノワグマだが、彼らにとって人間は美味しい物を持っている都合の良い存在だから、人が来たって驚かなくなっている可能性が高い。 一概には言えないが、鈴の力だけを信じるより、唐辛子スプレーくらいは身を守る為に持っておいたほうが良いだろうね!」

マチャ「先週鈴買ったばかりなのに・・・」

たしかにクマスプレーは多少値が張りますが、命に関わるものですし、生存率をぐっと上げてくれるアイテムなので、山上湖等によく行く方は絶対に持参しておきましょう!!

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

熊よけスプレー ベアアタック 専用ホルスター付 B5457
価格:8640円(税込、送料別) (2016/8/29時点)


posted by 釣りキチ・マチャ at 08:39| ブラックバス・ブルーギル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月26日

【いわきでスモールマウスバスが釣れる川】






【いわきでスモールマウスバスが釣れる川】

マチャ「ミスター、いわきでスモールが釣れる場所知りません?」
ミスター「二年前に釜戸川で釣ったよ?」

マチャ「は!? 釜戸川!?あの釜戸川ですか!?」
ミスター「そうだよ? ニゴイ釣りしてたら掛かったw」

マジで??

・・・


・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


勿来に引っ越して二か月・・・

引っ越して思う。

泉が良かったと・・・

目の前には釜戸川があって、気軽に釣りにいっていた。


今日は、どこに釣りに行こう・・・


実は気分がとても落ちていて、何かをやりたいって意欲的な釣りではなく、自分のストレスを解消するための消極的な釣りの場所を探していた。


ならば、馴染み深い川・・・・釜戸川にでも久々に行くか。


・・・


そんなわけで、仕事終わりに釜戸川に足を運んだ。

DSCN5342.jpg

懐かしい。


以前住んでいた場所には、もう人が入っていて、なんだか寂しい気持ちにもなる。


とはいえ、好き好んで引っ越したわけだ・・・何をいまさら。


そして、少しだけウェットな感情で釣りを始めた。


とりあえず何も用意していないが、スピナーと菅スプーンは常時持っているので、ウグイとブラックバスでも狙おうとスピナーを付けて投げた。

DSCN5340.jpg

数投後・・・

DSCN5347.jpg

ググン!

DSCN5345.jpg

釜戸川でこんなふうにルアーで釣りをするってあまりなかったのは、当時の私があまりルアーを使えなかったからだ。

こんなに手軽にスタイリッシュに楽しめるルアーが少しだけ上達したのは、仲間達に日々教わってのことだ。


しかし、釜戸川のウグイは少しまだ小さいのか、アタリはあるがハリに乗らない。


ん〜・・・


菅スプーンならどうだろう!

DSCN5355.jpg

ウグイならスピナーより菅スプーンの方が良く反応するんじゃないかな〜?


そう思って投げ続ける。


アタリがスピナーよりも多くなった。


そして、ウグイを数匹釣ったが、やはりサイズは小さかった。

DSCN5344.jpg

しかし、これで良い。


何となく菅スプーンが泳ぐ姿を眺め、何投かするとウグイが釣れる。


また元気に帰って行くウグイを眺める動作の繰り返し。


ボーっとしながらただ川の流れを眺めているその時間が多少の癒しにもなる。


そんな作業の中で、突如として訪れる衝撃!


ガガン!!

ジジジジジジジイジジジ!!!!


なんだ!? デカいぞ!?


ジジジジジジジ!!!


強めにしておいたドラグが出される!



30近いマルタじゃビクともしなかった設定だぞ!?


いったい何が掛ってんだ!?


しかし、引きの感覚が、大型のウグイ等とは違う!

ブラックバスか!?


川バスはたしかに引きが強い!


一瞬見えたシルエット!


バスじゃない!!!


なんか近いけど違う!!!


やけに全身が黒く見えた魚影から一瞬、オスカーかと思ったくらいだ。


何度も突っ込んで行く体力と、弾丸のような貫通力のあるダッシュ!


ラインを巻きすぎない様に慎重に気を使いながら、グーーーーーンとロッドをあおると、またシルエットが見えた!

ん!?

これは!?


もしや!?!!?!?!



・・・・


バレるなよ!


バレルなバレルな!!!!!


おりゃ〜!!!!


・・・・・


・・・・


・・・

・・



やっぱり・・・


本当にいたんだ・・・


釜戸川に。


釣り上げた魚は・・・


スモールマウス!!!

DSCN5351.jpg

スモール釣った〜!!!!

RSCN5356.jpg

サイズは30には届かない27pとあまり大きくなかったのに、4ポンドのラインが切られるんじゃないかと一瞬心配させるほどの瞬発力の聞いた突っ込みであった。


泉にいる時に菅スプーンに出会っていれば、もっと毎日が楽しかったんだろうなと思いながら、少しだけルアーが扱えるようになったと実感できて少し気持ちが穏やかになった。


さて、このスモール・・・


どうする?


なぜこのタイミングで釣れた??


食えって事か??


悩む・・・・



いいや!

いわき市でスモールは釣り人目線で言わせてもらえば、とても貴重な存在だ!

ならば、リリースしよう。


スモールマウスなら裏磐梯にたくさんいる。


いわきにスモールマウスがいると聞いてはいたが、それが証明できたのだ。
これ程有意義な釣行もまたあるまい。


こんなに良い事があったなら、これ以上魚を釣る必要もないだろう。


帰ってミスターに報告しよう。




・・・夕日が間もなく沈む、釜戸川での出来事だった。

私は、久しぶりに足を運んだ釜戸川からの、私へのプレゼントだったのだと思う事にしている。


:::::::::::::::::::::::::::::::::

いわき市で、スモールマウスバスが釣れると噂される川は、今回の釜戸川と本流の藤原川、また蛭田川にいると聞いた事がある。

蛭田川は今後調査をしていくが、いわき市でも少なからずスモールマウスバスがいると証明できたので、釣りたい方は是非狙いに行ってみてください!

2016.08.25
場所 :いわき市 釜戸川
時間 :17:00〜18:30
天気 :晴れ
風  :なし
ルアー:スピナー 菅スプーン
釣果 :ウグイ4匹 スモールマウスバス1匹


今回使用したルアーは「菅スプーン 1.8g 金」
渓流用に作られたスプーンですが、その動きは他のルアーとは比べ物にならない。
このスプーンにもっと早く出会っていれば、もっと多くの魚に会えただろうに・・・今とても悔しく思っている。この菅スプーンにであったのは4月だが、これまでにヤマメ、ニジマス、ヒメマス、ウグイ、マルタ、ブラックバス、ブルーギル、スモールマウス、ティラピア、メバル、アナハゼ、アイナメと、色んな種類の魚と巡り合わせてくれた。
 私ではないが、菅スプーンでの釣果、他にも多数寄せられている。
それほど釣れるスプーンなのだが、残念ながらこのスプーンは全国展開していないので、釣り具店では購入ができませんが、ネットショップでのみ購入が可能ですのでご紹介します↓
私が使ったのは1.8gですが、2.3もおススメです!



【釣り番組で掲載している記事一覧】
@ご当地怪魚を追う旅
Aカミツキガメよ「いただきます」
B外来魚について考える
Cホタルが全滅する!?裏磐梯の巨大ザリガニ
D思い出のタニシ汁
Eナガレアイナメと呼ばれるアイナメの謎
posted by 釣りキチ・マチャ at 07:45| ブラックバス・ブルーギル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

【ウシガエルを釣って食べた!】






【ウシガエルを釣って食べた!】

さて、今回は前回の記事「食用ガエル「ウシガエル」を食べる為に」の後半である。

DSCN5135.jpg


さっそくだが、釣ったウシガエルの〆方をちょっとだけ皆さんに教えましょう!

DSCN5167.jpg

私は普段、ヤマメやイワナなどの魚を〆るときに頭をデコピンして気絶させるのですが、その要領でウシガエルも「デコピンで大丈夫だろう!」と思っていたのです。


しかし、何発打ってもビクともしない・・・

コイツら・・・強い・・・


結局何度打ってもダメなので、最終的に足を持って、何かに頭をドーン!


・・・


これが結局一番良い方法だった・・・


そして、家に帰り調理をしよう。



まな板に乗せるとこんな感じだ。

DSCN5281.jpg

「はい!写真を撮るよ〜!ポーズして〜!」といったからこうなっているわけではない・・・


ちなみに、カエルが上機嫌で「ルン♪」としているわけでもない・・・


ひっくり返すとこんな感じ。

DSCN5283.jpg

さて、捌きましょう。


どうやって?


色々悩んだが、腹の皮がブヨブヨと余っているような感じなので、まず皮を剥いちゃう事にした!

腹の皮に切り目を付けて、引っ張ると・・・


ツルン!!!


お前・・・着ぐるみでも来てたのかってくらい簡単に剥けました。

DSCN5286.jpg

ちなみに、カエルが涼しくて「ルン♪」としているわけではない・・・


さて、同じ要領で3匹を捌き、いざ調理!

DSCN5289.jpg

ここで、私の定説をいくつか紹介したい!

@鶏肉に似ていると言われる肉は、結局焼き鳥のタレを付ければ何でも美味い説
A鶏肉に似ていると言われる肉は、結局から揚げにすれば何でも美味い説
B肉はカレーに入れちまえばなんでも美味い説

・・・信ぴょう性がありすぎる!

こんなにも説得力のある発言を今まで私がしたことがあっただろうか!

いや、きっとない!

それ程までに今回の定説には自信があるという事だ!


しかし、困ったことに3匹しかいない・・・


カレーは無理だ。


そんなわけで、焼きガエルと、フライドカエルを作る事にした!


まずは焼きガエル。


形を良く作りたいので、串をしっかり打つ。

DSCN5290.jpg

そして、準備していた七輪に・・・



ドーン!

DSCN5296.jpg

ジューーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


結局シンプルだけど、これが一番いいはずだ!


なんだか良い香り・・・


カエル自身の脂で焼きあがる身の香ばしい香り!


今回は「焼き鳥のタレ」を準備!

DSCN5300.jpg

余談だが、私に焼き鳥を焼かせたらなかなかの物が仕上がる!
焼き鳥は何故か嫌と言いう程焼いているので、もう感覚が染みついている。


焼き鳥のタレを塗るタイミング!


これが大事!


それはカエルもしかり!


そして、絶妙のタイミングで塗る!!

DSCN5301.jpg

見よ!この照り!! 


どっから見ても美味そうじゃないか!!!


そして、焼きカエル完成!!!

DSCN5305.jpg

もはやね、芸術だね!!


さっそく食べてみる事にした!


ここで、忘れてはいけない物がある!


そう!


ビール!!


焼き鳥といえばビールです!


焼き鳥とビール!やきそばとビール!揚げ物とビール!焼きガエルとビール!!!


ビールは正義なのです!

DSCN5306.jpg

き、キンキンに冷えていやがる・・・


んぐ・・・

DSCN5308.jpg

かは〜・・・・

DSCN5310.jpg

う・・・美味すぎて涙が出る・・・


なに?この辺のくだりはもう飽きた!?


はやくカエルを食え!?


嫌です!
嫌ですね!

大体ね!このブログは「釣りブログ」なんですよ!

なんで私は食レポせにゃならんのですか!?

気の利いたコメントなんてできるわけないんですよ!

じゃあこのカエルは捨てるのかって?

そんな事できるわけないじゃないですか!


しかたない・・・正論には敵わない・・・


食うか・・・



ここで初めて気が付いた事がある。

DSCN5314.jpg


・・・


これ、食いにくくね?




とりあえず齧る・・・

DSCN5315.jpg

・・・が、はやり食いにくいので、結局足をもぎってパク・・・


DSCN5316.jpg

・・・


・・・


!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


やばい!!!

やばいやばい“!!#!#!!??!#!?


何これ〜!?


美味すぎるって〜!!!!

DSCN5318.jpg

予想していた物をはるかに上回る上質な肉!


その食感は、鶏もも肉より弾力があり、しかし柔らかい! しなやかな筋肉で、無駄な脂がなく一切の臭みがない!

不味い部分を探しても全く見当たらないのだ!


これは凄い・・・


しかし、結局食べれる部分は足だけなので、食べたあとはこんな感じに。

DSCN5319.jpg

こうなると、保険にしておいたフライドカエルへの期待も高まる!


市販のフライドチキンの素で仕上げたフライドカエル!

漬けて・・・
DSCN5321.jpg

揚げて・・・
DSCN5322.jpg

完成!!!
DSCN5324.jpg

見た目は全然ありですよね!



さて、さっそく頂きます!

DSCN5330.jpg

・・・・


うん!


やっぱり美味い!!!

DSCN5332.jpg

これなら腹いっぱい食べたいです!


変な先入観が邪魔しなければ、めちゃくちゃ美味しい!

でもね、ここまで美味しい肉なので、フライドカエルやから揚げにするより、焼き鳥のタレで仕上げた方がずっと美味しくいただけます!

フライドカエルにしちゃうと、香辛料とかが勝っちゃって、せっかくの上質な旨味が消えちゃう感じ!


正直な事を言います!


・・・鶏肉よりはるかに美味かったです。


鶏肉は脂身が臭いんです。

しかし、ウシガエルにはその臭さもない、触感も良く、ダメな部分は容姿だけという・・・

見た目がどうしても嫌な方は、目を瞑って食べて見てはいかがでしょう・・・。


食用として日本に持ち込まれ、今では誰からも愛されずに勝手に特定外来種・・・
日本の厄介者扱いされているこのカエルは、さすがに食用にされる予定であった事もあり非常に美味しいものだった!

見つける事ができれば、めちゃくちゃ簡単に釣れるし、調理も非常に楽!
興味本位でも、機会があれば是非試してみてください!


注意)ウシガエルは特定外来種なので、生きたままの持ち運びは法律で禁止されています。
   持ち帰る際は、現地で〆て持ち帰るようにしましょう。


DSCN5327.jpg


【関連】




釣るのが困難でも、カエルを食べてみたい方はコチラをおススメします↓↓↓

posted by 釣りキチ・マチャ at 00:00| 食レポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

【食用ガエル「ウシガエル」を食べる為に】






【食用ガエル「ウシガエル」を食べる為に】


ウシガエル・・・

P1000738.JPG

1918年に日本に食用として持ち込まれたこのカエルは、今では特定外来種となってしまうほど、日本の生態を脅かす存在になっている。

田んぼや池で「ぐぉ〜・・・ぐぉ〜・・・」

と、凄い低い鳴き声で鳴く生物の正体はコイツである。


しかし、前述したように、そもそもは「食用」なのだ!


年配の方に話を聞くと、「昔はよく食べた」という話を聞いたりするが、みんな声をそろえていう事は「鶏肉みたいで美味しかった」というのだ。

この「鶏肉みたい」といった表現を使う方が多くいるが、この「鶏肉みたい」で私は何度ひどい目にあってきたことか・・・

DSCN3466.JPG

ude.png
【「釣ったカミツキガメを食べてみた!」より】

もう騙されないぞ!


しかし、誰しもが「美味しい」というのだから、どれほど美味しいものなのか・・・


それなら食べてみようじゃない!


一人では数が集まらない可能性があるので、仲間の「ぐっさん」に連絡をした。


マチャ「あ〜、ぐっさん? 明日ひま? ・・・ウシガエルなんだけど・・・」
ぐっさん「ついに・・・食べるんですね・・・」


・・・この察しの良さは非常に助かる。


みなまで言わずに付き合ってくれる事になった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


翌日・・・

DSCN5129.jpg


私は後悔した。



忘れていたのだ・・・



そう、ぐっさんを呼ぶといつも雨が降るという事を・・・



ガミガミととっちめてやった!


DSCN5130.jpg


しかし、私の為に付き合ってくれた彼が、逆に可哀想になり、それ以上責める事はできなかった・・・



さて、ウシガエルを釣ろうじゃない!


鹿島にある野池に来たわけだが、ウシガエルは見つける事さえできれば簡単に釣れるので、ルアーは実際なんでも良いきがする。


ストレートワームのチョン掛けで行くとしよう。


そして、とりあえず見つけられないなら、岸際の表層をチョンチョンと波紋を立てながら動かしてくると・・・


バシャ!!


・・・



コイツが釣れる。

DSCN5119.jpg


・・・・


君は今日は釣れなくて良い。


・・・





そしてバシャ!

DSCN5168.jpg



・・・


だから、釣れなくて良い。




大体ウシガエルは岸際で休んでいる事が多く、顔だけ出している状態だとなかなか見つけられない・・・

しかし、ついに発見!


みえるだろうか・・・


このウシガエル。

DSCN5123.jpg

我ながら上手に撮影できたと自負している!


この周辺にワームを投げれば・・・



はい!


釣れました〜!


DSCN5120.jpg


だが小さいな・・・

DSCN5122.jpg


これじゃ足りないから、もっとだ!


池の至る所で鳴き声が聞こえる。


グォ〜・・・


グォ〜・・・


ぐっ!!

あっ!!

ちくしょ〜!!!


なんだ? 人間の鳴き声も混じって聞こえるじゃないか・・・


鳴き声の正体は・・・


ぐっさんだった。

DSCN5141.jpg

私の知らないうちに、4掛けの4バラシ!


私がまだ一匹なのに対して!?


逆に天才かよ!っと思いながらも、全部逃げてる為まだ0匹なのが残念だ。


すると、私がまた発見!


しかもなかなかのサイズ!


そ〜っと近寄る。


そして気づかれないようにキャスト・・・

bandicam 2016-08-22 11-33-49-945.jpg

食った!


おりゃ〜!!!!!

bandicam 2016-08-22 11-34-16-230.jpg

やはり簡単に釣れる!

bandicam 2016-08-22 11-34-28-667.jpg


今回のは良いサイズ!


これは食べごたえがありそうだ!

DSCN5136.jpg


しかし、ま〜非常に体力を奪われる釣りだ。


雨で湿気がひどく、汗が止まらない。


もう少し釣りたいな・・・


でも体力が・・・


夏バテをぶり返しそうな予感がするので、少し休んでいると・・・



「きた〜!!!」とぐっさんの鳴き声・・・


織田裕二でもいるのかと一瞬思わせるその歓喜の雄叫び!


そして、ぐっさんが釣ったのは・・・

DSCN5166.jpg

本命ウシガエル!

DSCN5167.jpg

5掛け5バラシにならなくて良かった・・・


こうして、これ以上の釣行は体力的に厳しいのでこれで終了した。


ここで、問題がある。


ウシガエルは特定外来種なのだ。


生きたままの持ち運びはできない・・・


なので、〆てカエル・・・いや、帰る事にした。


その後、このカエル達を調理して食べるのがだ、それはまた別のお話で。

ウシガエルを釣って食べた!

2016.08.19
場所 :鹿島の溜池
時間 :13:30〜16:30
天気 :雨/くもり
ルアー:レインズ ストレートワーム
リグ :ワッキー
釣果 :ブラックバス3匹 ウシガエル3匹


【関連動画】


posted by 釣りキチ・マチャ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド