2016年01月23日

【「から揚げ」で鯉は釣れるのか!?】






【「から揚げ」で鯉は釣れるのか!?】


また一つ、新たに試して見たいことができた。


それは昨日の晩、わが家の晩御飯のおかずが「からあげ」であったのだが、それを食べながら、今年挑戦してみたいアオウオ釣りについて考えていた。


その後の私の思考はこうだ。


@アオウオを釣りたい

A利根川に行こう。

Bタックルは何で行く?

Cカープフィッシング用のタックルでいいだろう。

Dリグはヘアリグでエサはタニシだな。

Eこの唐揚げ美味い

Fあれ?鯉ってもしや唐揚げで釣れる?


・・

・・・


EからFが何やら腑に落ちない感じもあるが、これが真実(笑)


てなわけで、唐揚げを鯉の為に再び揚げて持ってきた!


スナップショット 3 (2016-01-24 1-02).png


場所は最近の実績から、この時期でも活性の高い鯉が多い弁天川!


同行者は「ぐっさん」と新メンバー「モリコー」と三人で出撃!



とはいえ、鯉釣りを三人でやる必要もないので、私は今回は裏方にまわり、横から口出しをしてるだけで、実際にはほかの二人に唐揚げで挑戦してもらう事にした!


タックルはフックのみのノーシンカーに唐揚げを付けるだけ!


準備が出来た様なので、それでは・・・「プレイボーイ!」

スナップショット 2 (2016-01-23 22-56).png
【奥:モリコー 手前:ぐっさん】

弁天川の鯉の魚影は濃いのだが、今日は濁りが入っていてる・・・


誤算だ。


私は鯉を唐揚げで釣るにあたって、底に落として釣る予定だったので、底が濁っていては目論見が変わってきてしまう。


そして、もう一つ大誤算があった。


から揚げ・・・沈まないよ(笑)


キャストした唐揚げが流されていく(笑)


うぉい!


どうなってるんだ!


これじゃ思ってた釣りにカスリもしないぞ!


こうなったら、この唐揚げの浮力を使って鯉を浮かせて釣ろう!


しかし、そうは問屋が卸さない。


から揚げ、沈むのもあった。


どれが浮いて、どれが沈むのかがランダム(笑)


釣りにならん!


しかし、あきらめません!

諦めたらそこで試合終了ですよ・・ほっほっほ


・・・


すると、想いが通じたのかモリコーの沈む唐揚げ(モリコーがキャストした唐揚げという意味だ(笑))に鯉が接近!

スナップショット 1 (2016-01-24 1-08).png

そして、沈んでいく唐揚げに鯉が急接近・・・そして唐揚げと鯉が底に行くにつれて見えなくなる・・・


食ったのか!?食ってないのか!?


ラインの張りで見極めるしかない!


ぐ・・・


わからん!


でも、食っているならもう食っているタイミング!



アワセろ〜!!!



うりゃー!!

スナップショット 4 (2016-01-24 1-10).png

スカッ!!!



・・・惜しかった。



しかし、唐揚げの浮力のコツをつかんだ様で、そこからモリコーのモウコー(猛攻)


すると、今度は浮く唐揚げで浮かせて釣る方法!


活性の良さそうな鯉を探し当て、キャスト・・・


そして、パク!


完全に食った!


行け〜!!


スカッ!!


ぐ・・・

スナップショット 3 (2016-01-24 1-10).png

完全に食ったが、フッキングの際に唐揚げに仕込んだフックが唐揚げを切れず、フッキングできなかったようだ。


から揚げをフックに付ける方法はこういった失敗があるので、ヘアリグでヨーロピアンスタイルのブッコミ釣りが良いと思っていたのだが、今回は事情が事情なので、仕方ないと思っていたがやはり思っていた通りに。


しかし、鯉の活性は高いので唐揚げからフックの先をだし、フッキングしやすいようにしてリトライ!

すると一投目でパク!


今度こそいけ〜!!


そしてグン!!!!!!!!!

スナップショット 4 (2016-01-23 22-56).png

思いっきりのいいフッキング!


そして強度のあるタックルで挑んでいたモリコーは鯉に走らせる事も許さず一方的にノックアウト!

スナップショット 5 (2016-01-24 1-11).png

やはりランカーバスを釣ろうと日ごろから思っている人のファイトは強い!


ぐっさんにランディングしてもらい、唐揚げで鯉を釣ることに成功!!!

スナップショット 5 (2016-01-23 22-57).png

やった〜!!!

スナップショット 4 (2016-01-24 1-02).png

鶏のから揚げで鯉を釣った〜!!!

60p程ある良型の野鯉です!!



今回は浮かせたが、次回はブッコミでやってみようと思います。


その後、ぐっさんも頑張ってくれましたが、バイトはあったがフッキングに至らず終了。

スナップショット 2 (2016-01-24 1-02).png

雪が降ってきて暗くなってきたし、鯉の活性も、我々の活性も下がってしまったので終了です。

スナップショット 1 (2016-01-24 1-02).png

とはいえ、今回の釣行で「からあげ」で鯉が釣れる事を立証できたので、とても有意義な釣行となりました。


みなさん是非試して見て・・・とは言いませんが、からあげで鯉が釣れる・・・そんな話のネタにいつか使ってもらえれば光栄に思います。


今後もいろんな企画を試していこうと思います♪


2016.01.23
場所 :いわき市 沼之内 弁天川
天気 :曇り→雪
風  :微
時間 :14:30〜17:00
リグ :ノーシンカ―
エサ :鶏のから揚げ
釣果 :野鯉1匹


【実釣動画】↓↓


【関連動画】↓↓


【ヘアリグ】↓↓
posted by 釣りキチ・マチャ at 17:00| おもしろ企画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビッグベイター モリコー】






【ビッグベイター モリコー】

土曜日の午後、今日は夕方から冬のウナギ釣りをするつもりだったのだが、夕方になるまでの時間が有り余っている。

ともなれば、日中は違う場所で釣りをしよう!


以前、真冬ながらブラックバスが見えた鮫川水系の「渋川」に足を運んだ。

スナップショット 6 (2016-01-24 1-05).png

今回も仲間の一人「ぐっさん」が同行してくれました。


スナップショット 7 (2016-01-24 1-05).png


以前来た時は水面が凍ってルアーが水面を転がってしまったが、今回はちゃんと時間を選んだせいか氷はなく、鯉やらブラックバスもちゃんと見える!


なんとか釣りたい・・・


そう思って試行錯誤していると、向こうから歩いてくるアングラー


こんな冬でも最近のバサーは釣りをして歩くのだな〜・・・頼もしい。


スナップショット 9 (2016-01-24 1-05).png

でも何やら様子が変だ。


ぐっさんの様子が変だ。


・・・


友達の様だ(笑)


あるよね〜そういう偶然?(笑)


そのアングラーは森田君こと「モリコー」

スナップショット 10 (2016-01-24 1-06).png

ビッグベイト投げまくりのビッグベイター


話をして意気投合!


釣り人が仲良くなるのは一瞬だ。
そして、また私の釣り仲間が一人増えた瞬間でもありました!
今後の釣行に期待してます!

スナップショット 11 (2016-01-24 1-06).png


その後、以前からまるで友達だったかのように話が弾み、渋川を後にするのだが、その後行こうとしていた沼の内へ、彼も同行してくれることになった。


その釣行内容は「から揚げで鯉は釣れるのか?」という内容!しかし、その話はまた別のお話で。







posted by 釣りキチ・マチャ at 15:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

【江名・中之作 真冬の夜釣り調査】






【江名・中之作 真冬の夜釣り調査】

年が明けばかりだと思っていたのに、気が付けばもう下旬。

一月が終わる。

今年は暖冬のおかげで、真冬だというのに案外釣果にも恵まれたし、釣行できる回数も随分増えて助かっていたのだが、ここ数日前から急に冷え込むようになった。

これぞ冬って感じ・・・


さて、暑くても寒くても釣りをする私にとっては、寒くても釣れる魚を探し求めて色んな場所を転々とする日々。

そして今日は江名港に足を運んだ。

P1060383.JPG

最近日も伸びたおかげで、ギリギリ日が落ちる前に釣り場に到着。
この頃の日が伸びる感覚はとても嬉しい。


まだ薄暗い港で仕掛けをせっせと準備し、青イソメをエサにブッコミ仕掛けを投入しアタリを待った。

『タックル詳細』
ブッコミタックル.png


江名港では冬でもドンコ(エゾイソアイナメ)が釣れると「ぐっさん」が言っていたし、アナゴも冬釣れなくない魚なので、ドンコとアナゴを狙って仕掛けを投入しているといった具合だ。

P1060384.JPG



・・・


30分

・・・

・・・

一時間。


何もない。


コツコツとヘチを探ってもアタリがない。


江名港ではメバル釣れない。(場所にもよるんでしょうが)
この港、夜釣りでは、今なにか釣れるのだろうか?


結局、江名では何も無かった。


このまま帰るのもいかがなものかと、隣の中之作漁港へ移動!

P1060385.JPG

ここはメバルが年中釣れる保険的な場所!


ここでは冬でもメバリングが楽しめます♪


『タックル詳細』
メバリングタックル.png


いつもの突堤をジグヘッドリグで探り歩くと・・・


ブルブル!


グググウググググググ


ボトムから少し浮かせながら岸際をトレースすると、すぐ反応しました!


まるで魚の気配の無かった江名に比べると天と地の差があります。


釣り上がったのは・・・

P1060386.JPG


メバル!15pは越えているレギュラーサイズ!


なかなか良い引きでした!


そして、今年初「ぐっさん」
中之作にいる事を伝えると緊急参戦!


すると到着するやいなや・・・雪が降り始めたよ!!

P1060387.JPG

P1060388.JPG


おい!

どうなっているんだ!!


しかし、せっかく来てもらったのだから、多少の雨や雪・・・


腹をくくったのが良かったのか、雪は数十分後止んだ。


よし!


それでは本気になってメバリングやりましょうや!



それではプレイボーイ!


P1060392.JPG


私は、置いておいたロッドを持ち上げると、クククク!


あれ?なんか掛かってる!?


釣り上げると、やっぱり掛かってる!


P1060390.JPG

・・・



こいつはいったい何者だ!?


正体不明の細長い魚が釣れたよ・・・


ん〜・・・ギンポではないようだし、これはいったい・・・


らちが明かないので、とりあえず再開。


しかし、アタリがあるもののショートバイトが多く、ハリ掛かりしない!


岸際も沖も底をとってから、ゆっくり巻くとアタルのだが・・・


・・・


このまま二人ともアタルが乗らない状況が続く。


そしてラスト15分って所で、繰り返されるアタリの中から一匹がハリ掛かり!


思わず「来た〜!」って声が出たね(^_^;)


そして、本日二匹目のメバルGET!


P1060393.JPG

ぐっさんも岸際をトレースして「よし!」

P1060394.JPG


メバル1匹GET!

P1060395.JPG



アタリはあるが、乗らない・・・


アタリは小さいのから大きいのまで色々。


活性は低くはないようだ!


メバリングをしたい方は、今、中之作漁港が結構いいかもしれません!


今後も調査していきます!


2016.01.20
場所 :江名漁港
    中之作漁港
天気 :晴れ にわか雪
風  :江名(中) 中之作(弱)
時間 :17:30〜20:00
潮  :
仕掛け:ジグヘッドリグ(1g+ワーム)
釣果 :メバル3匹 長いの1匹(後に「ムスジガジ」と判明)


【関連動画】




posted by 釣りキチ・マチャ at 20:00| メバリング・アジング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【いわき 岩崎川の河童伝説】






【いわき 岩崎川の河童伝説】


いわき市常磐長孫町を流れる岩崎川

P1060172.JPG

P1060171.JPG

岩崎川は藤原川水系で、川幅は狭く、水も少ない何の特徴もない普通の小川である。

しかし、この岩崎川には、ある伝説が残されている。


その伝説とは・・・


河童伝説


夢見る釣り人は何故かこの手の話も大好物で、いわゆるUMAと呼ばれる未確認生物等の話を聞くとついつい興奮してしまう。


河童とは、日本でもっとも有名なUMAの一つで、また妖怪として取り扱われる事もある水辺の未確認生物で、頭には皿の様なものがあるとか、クチバシの様なものがあったとか、甲羅があったとか、川に人を引きずり込むとか、尻小玉を抜くとか、色んな話がある。

一説には現在絶滅したとされる日本カワウソが、川辺でじゃれたり、泳いだりしている姿を人が見間違えて「河童」という未確認生物が生まれたのではないか・・・とも言われている。・・・もちろん定かではないし、確かめようもない。


ただ、夢はある!!


そして、いわき市にも「河童伝説」がある事を知った私の反応は・・・


「よし!捕獲しよう!!」・・・である!


以前、河童伝説のある川でキュウリを紐で結んで釣ろうとしている悲しいオジサンの様子を痛々しいな〜と思いながら見ていたが、私のこの発想も五十歩百歩なのだろうか・・・


ええい、しかしこの溢れだす好奇心!抑えられない衝動はすでに暴走を始めそうだ・・・


とにもかくにも伝説の場所となっている岩崎川の散策を始めた!


川細いな〜・・・あわよくばなんか釣ってやると思っていたが、これじゃ〜・・・

P1060180.JPG

河童いませんか〜?

P1060248.JPG

そうして探していると・・・


あ!あれは・・・田園地帯の一角に河童を祀る祠と石碑が置かれている。

P1060170.JPG


ここが伝説の発祥の場所だな!?


河童発見!(石像だけどね・・・)

P1060177.JPG

これで捕獲って事にしてもらえないかね??

P1060241.JPG

それにしても、思っていた以上にしっかりとした石碑だったり祠だったり・・・
今までなぜ知らなかったのだろう・・・



河童の隣に厳重に鍵がかけられた塚があるが・・・


これはなんだろう??

P1060179.JPG

P1060166.JPG


中を覗いてみると・・・

P1060234.JPG

河童が祀られていました!


あと、これは決して私がいたずらしたのではないのですが、祠のしたにペラペラと今にも飛ばされそうになっている紙があったので、「ゴミを捨てるなんてけしからん!」といいつつ、拾い上げると・・・

P1060237.JPG

なんか意味ありげな絵? 模様が掛かれている〜!!


これどこにあるのが正しいのよ!?


取扱いにこまるよ・・・


そっと、もとあった場所にもどしておきました。



そして、他にもこんなものが!

dennsetu.jpg

この伝説の内容が書かれていたので紹介しよう。

話はこうだ・・・

藤の花は五月に咲くのが通常です。それなのに長孫の土手には、節でもない真夏の土用に、真っ白い藤の花を見ることがしばしばあったそうです。
これは河童の恩返しだと言われています。
村人は河童が生け捕りにされたと聞いた長老が、「いままでこの岩崎川で河童が悪さをしたのを見たことも聞いたこともない、可哀相だから助けてあげなさい」と言い、それを聞いた河童は右の小指を切って次のように書いたのでした。
まだ人を殺したことはありません。しかし、私は天王様に人間の生き胆を奉納しなければなりません。その時は、夏の土用の頃、川土手に白い藤の花を咲かせます。その花を見た年は川に近寄らないでください。必ず約束は守ります。命を助けていただきありがとうございました。
その何年か後の夏の土用、川土手に白い藤の花が咲きました。
人々は河童の花が咲いたと、下の堰での水遊びを戒めました。
おかげで川での厄も起こらず済んだそうです。
現在では河川工事に伴い、藤の姿が消え去ってしまい、この言い伝えを残すのみとなりました。
文:常磐地区まちづくり懇談会

河童.jpg

なるほど〜・・・


思っていた以上に良い話な感じで捕獲しようと思って来てしまった愚かな自分をなんとか戒めたい・・・




今の世の中、川で子供が遊ぶ事さえもなくなり、川で河童を見たとか、ツチノコを見たとか、夢のある話がまるでなくなってしまったが、いつの日か私もこれらのUMAに出会いたいと心から思っている。


またこのような伝説の生き物、伝説があったら行ってみようと思います。


2016.01.16
場所 :いわき市常磐長孫町 岩崎川
天気 :くもり:晴れ
風  :微
時間 :14:00〜15:00
捕獲 :河童二匹(石像だが・・・)

【関連動画】


【伝説の巨大魚タキタロウの正体とは・・・】


新・世界怪魚釣行記 [ 武石憲貴 ]

新・世界怪魚釣行記 [ 武石憲貴 ]
価格:1,620円(税込、送料込)


posted by 釣りキチ・マチャ at 00:00| 伝説の魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
タグクラウド